2018-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2018.04.08 (Sun)

甲府市の木造住宅~基礎工事その1~

【山梨県 木造住宅 甲府市 山梨市】


こんにちは。
いよいよ4月に入り新年度へと移り変わり、新学期・新入学・新入社・職場の移動など、気持ち新たに春を迎えられた方も多い事かと思います。
暖かくなり身も心も軽やかに過ごしましょう。

20180408

今回2回目となりますが、甲府市の専用住宅新築工事について、基礎工事の様子を報告していきたいと思います。今後家づくりを検討している方が、現場を見学する際の参考になれば幸いです。
前回ご報告致しました地鎮祭の後まず行う作業は

地縄張り・遣り方
施主様に立会っていただき、事前に用意していた地縄と呼ばれる、建物の大きさ(基礎の外周)や配置が判る様に、杭を打ちロープでそれぞれを結んだ物を見て頂き、了承を得る作業がございます。建物の配置は設計段階である程度確定しておりますが、実際に敷地に配置されてみると、「結構大きい(小さい)ものだなぁ」とか「図面じゃ判らなかったが、居間から見ると〇〇が邪魔だなぁ」など、図面上で見たものと印象が違ったり、地面に障害となる物が新たに確認されたりして、変更が生じる場合もあり、後に変更の出来ない大切な確認となります。

地縄張り
2018040801

今回は設計通りの位置にて、施主様に了承を得る事が出来ました。
また、遣り方(やりかた)と呼ばれる、基礎作業が予定される周囲に、木杭や木板を用いて基礎作業を行う際の基準となる高さを設定する工程があります。地鎮祭後に施主様にはその高さの基準となるレベルを確認していただき、それを基に遣り方を行います。
遣り方
2018040804

根切り
つづいては基礎底の深さまで、重機を用いて土を掘る作業が行われます。今回はベタ基礎と呼ばれる工法の為、建物の外周以外に内部もすき取りが行われ、現場には掘り出された土の山が幾つも出来ていました。

根切りに使用の重機 
2018040802 
根切り後の残土
2018040803

砕石敷き・捨てコンクリート打ち・防湿シート敷き
基礎が敷設される下には砕石(原石を砕いて小石状にした物)を敷き十分に転圧し、その上に地面からの湿気の上りを防ぐ、防湿シートを隙間の無いように重ね幅をとりつつ敷きます。その後基礎の外周(ベタ基礎の場合)へコンクリートを打ち、硬化を待ちそこに基礎の配筋や、型枠の為のスミを出します。

捨てコンクリートと防湿シート
2018040805

配筋作業
基礎を造る上で大事な鉄筋を組み上げる作業です。詳細は次回のブログでご紹介していきます。暫くお待ち願います。

配筋後の全景
2018040807


ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

桜だより・・と
山梨市万力公園の赤松保存のお手伝い
やってきました花粉症

テーマ : 家を建てる - ジャンル : ライフ

18:01  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2018.03.18 (Sun)

甲府市の木造住宅着工

【山梨県 木造住宅 甲府市 山梨市】

こんにちは。
このところ暖かな日が続きます。桜の木や桃の木も日に日に蕾が膨らみ始め、私たちの着る服もいよいよ春の装いになるのかな?と思えてきました。とはいえ暑さ寒さも彼岸までとのことわざもありますし、未だに病院ではインフルエンザ予防を呼びかけていますので油断は禁物ですね。
さて、前回の店舗社屋建設に続き、今回はやはり新たな旅立ちを迎える住宅の新築工事をご紹介していきます。
20180318

今回のブログより数回に分けて、工事を請負わせて頂きました、甲府市の専用住宅新築工事の様子を報告していきます。
今回は不動産土地取得選定からのお手伝いをさせて頂き、敷地の形状やお住まいになる方々の生活スタイルに合わせた設計のご提案をも同時に行う事が出来ました。
不動産土地取得選定のご案内
2018031806

施主様との協議を重ね、決定したプランに基づき設計を進め、甲府市との事前協議を行い建築確認申請の提出を行いました。建築確認申請により対象となる土地に対する各法的な制限にあった建物かを審査され、問題無く無事に許認可を受ける事が出来ました。
確認申請ファイル
2018031807

確認申請の許認可後、施主様ご家族と宮司様そして弊社工事関係者が集まり、地鎮祭が滞りなく執り行われました。以前にも申しましたが、近年地鎮祭を行なわない方も居るようですが、神聖な神事を行う事で『いよいよ工事が始まる!』といった想いが強まり、家を建てる事に対して、思い新たにする施主様も多いようです。
身が引き締まる思いとしては私達施工会社も同じ思いです。
工事の無事を祈願する事ができ、安心して工事に取り掛かります。

苅初の儀(かりそめのぎ):設計者が鎌で草を刈る刈初め。
2018031805

穿初の儀(うがちぞめのぎ):施主(建主)が鍬で土を起こす穿初め。
2018031804

土均の儀(つちならしのぎ):施工業者が鋤で土を均す土均し。
2018031803

玉串奉奠(たまぐしほうてん):神前に玉串を捧げ神に拝礼します。 
2018031802

建設地の甲府では100㎡以上の住宅へ中間検査が定められており。この中間検査制度は建前の後、基礎や木材のサイズ、筋交いの配置、適切な金物の使用等、確認審査機関が立会い検査し、合格しなければ次に進める事ができません。
その為工事工程を考える際この検査を組み入れないと、検査待ちなどで作業が止まる恐れがあります。今回も中間検査と共に基礎の施工・建て方・金物の設置後に行われる自主的な社内検査も工程に組み入れ、万全な体制で中間検査に臨む事となりました。
次回より着工した基礎工事に関する話題を進めて参ります。
工事工程表
2018031801

ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

山梨市万力公園の赤松保存のお手伝い
やってきました花粉症
「ヒートショック」シーズン到来です

テーマ : 家を建てる - ジャンル : ライフ

17:12  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2018.03.04 (Sun)

社屋新築工事~竣工・新たな出発~

【山梨県 鉄骨 山梨市 店舗】


こんにちは。
3月に入り日中の気温が10度を上回る日も増え、いよいよ春が近づいたかな?と思える日も増えてきました。先日は公立高校の卒業式が行われ、新たな第一歩を歩み始める時期ですね。今回は昨年無事工事が竣工し新たな旅立ちを迎えた物件についてご紹介いたします。
2018030301

昨年何度かに分け工事の進捗をお伝えして参りました、某店舗社屋建設工事について、竣工に至るまでご紹介いたします。
鉄骨の建て方工事後は、ルーフデッキ材に依る屋根葺き作業・サッシやシャッターなどの建具や外壁材のサイディングの施工と、天候に左右されやすい工程を、職人との入念な打合せに依り遅れることなく順調に進める事が出来ました。
屋根工事
2018030302
外壁工事
20180303009

外回りが落ち着いた事で、工程の見極めが出来る様になり、竣工に向けて改めて工程の練り直しが行われました。
続いては内部の作業へと移り、この頃には工事の進行と共に、施主様との仕上げ材の選定も行われるようになっていきます。天井や壁などの下地材の鋼製金物の施工、電気や設備機器の設置、床・壁・天井の仕上げ工事などが行われ、何れも工程に遅れる事も無く、また事故も無く無事に完成となりました。
鋼製壁下地施工
20180303
内部仕上げ完了
2018030306
2018030303
ただこれで終わりではなく、各法規的にも適合した建物であるか、消防法による消防検査、確認審査機関による完了検査を受ける必要があります。まず先行して社内検査を行い改善点の修復などを行った後、公的機関の検査用に書類や写真を用意し、各現場検査に立合い一つ一つ図面との整合性を確認し、無事に検査済証を交付頂きました。
検査済証
20180303099
後日施主様へ引渡しを行い、晴れて開店の日となりました。大勢の方々が訪れ、建物は息吹が吹込められ、新たな出発点を迎えました。
2018030304 2018030305

ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

やってきました花粉症
「ヒートショック」シーズン到来です
山梨市の小ホール増築工事

テーマ : 住まい リフォーム - ジャンル : ライフ

17:41  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.12.30 (Sat)

社屋新築工事~建方作業~

【山梨県 鉄骨工事 山梨市 新築】


こんにちは。久しぶりのブログの更新となります。
皆様年越しの用意は御済みでしょうか。
前回ご報告致しました某店舗社屋建設工事について、その後の状況を長らくお伝えせず申し訳ございませんでした。
年末の御挨拶を前に躯体工事に至るまでをご報告させて頂きます。
2017123000
前回のブログの後、基礎工事に於いては、配筋検査の合格を受け型枠を組み、コンクリートの打設が行われ、基礎が完成致しました。
型枠作業
20171230
コンクリートの打設・埋戻し
2017123001

その後基礎工事と並び、建物の主要な部分を占める構造躯体の作業へと移りますが
部材の選定にはコンピューターを用いた構造設計を行ない、平屋建ての建物ですがその計算結果は、A4用紙に216枚にも及びました。
その結果に基ずき構造設計を行ない、構造図との照合を十分に行いつつ、工場加工・現場建て方・現場加工と進め、慎重の上にも慎重を重ね、正確な施工を心がけ躯体工事を進めて行きました。

工場加工
2017123002
検査状況
2017123003
建方作業
2017123004 2017123007
建方完了
2017123009

躯体の建て方が完了後、屋根葺き工事を経て、外壁の下地となる鉄骨胴縁工事へと移行し、建物の全体像が把握出来る様になります。これ以降の施工報告は、また次回、年越しとなりますが、御報告を致したいと思いますので、あらためまして宜しくお願いします。
ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

やってきました花粉症
「ヒートショック」シーズン到来です
山梨市の小ホール増築工事

テーマ : 住まい リフォーム - ジャンル : ライフ

18:00  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.25 (Thu)

社屋建設工事始まりました

【山梨県 鉄骨工事 山梨市 新築】

こんにちは。5月に入り初夏を思わせる暑さが続き、急な猛暑に早くも熱中症の話題がニュースに取り上げられる事もあります。来月には梅雨も訪れますますます体調管理にはご注意ください。
今回は弊社にて請負いました、鉄骨造の建設工事の様子について書いてみます。
2017052508

春先より山梨市内において、某店舗社屋の建設工事が開始されました。
3月には地鎮祭が、大安吉日の日に滞りなく執り行われました。
晴天の朝空の中、宮司様の祝詞が敷地内に響き、工事現場はいっとき神聖な場へと変わりました。施主様と共に弊社も工事への想いを新たにし、工事の無事進行・安全を誓いました。
20170525000 2017052500

地鎮祭後には、施主様に地縄より建物の位置を確認していただき、近隣への御挨拶を行い、工事は着工致しました。
建物は鉄骨造の平屋建てですが、地盤調査に基ずき、構造計算を行い構造図を作成し、強度に優れた建物を設計致しました。

2017052501

着工後まず最初に執り行ったのは基礎工事。
構造図を基に基礎を施工する為、土工事に於いて支持地盤まで根伐り(掘り下げ)を行いました。
2017052503

根伐り後、捨てコンクリートを打った箇所へあらためて墨出しを行い、基礎の配筋作業へと進行致しました。基礎の配筋作業の完了に伴い配筋検査を行い、適切な材料が適切な施工方法で設置されているか、工事完了後に隠れてしまう箇所なので、より責任を強く感じ検査を行いました。
2017052505 2017052504
配筋検査
2017052506 2017052507

現在工事は、施主様や近隣の方々のご理解ご協力のもと、事故等無く進行しております。
今後もこの後の工事進行の様子について、書いていきたいと思います。

ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

やってきました花粉症
「ヒートショック」シーズン到来です
山梨市の小ホール増築工事

テーマ : 住まい リフォーム - ジャンル : ライフ

18:18  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>