2012-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.28 (Sat)

耐震診断現地調査~予備調査~

【山梨県 耐震診断 調査】

こんにちは

前回報告しました、鉄筋コンクリート造建物の
耐震診断に伴う現地調査について、各作業毎書いて行きたいと思います。
今回は耐震診断調査に先立って行なわれる、予備調査について。

予備調査
前回少し述べましたが、
予備調査は、実際に現地に赴き調査する事と
発注者や施設管理者に聞き取りを行なうヒアリング
とに分かれます。

現地に赴き調査する事柄
 コアを抜く予定箇所の状態
 ・ 仕上げ材はどの様な物か
 ・ コアボーリング機器の設置が可能か
 ・ 構造図と照合し的確な位置か
 既存図面が有った場合
 ・ 代表的な部材(柱・梁)をスケールにより測定
 20120728
 ・ 図面の整合性、間仕切りや開口等の変更の有無
 ・ 積載荷重の変更の有無など
 ※図面が無かった場合は、意匠図と共に構造図の復元が必要となり
  柱・梁・壁・スラブの寸法測定、はつり調査にて配筋調査、掘削による基礎の確認
  など、図面の有無で作業工程は大きく変わります。

ヒアリングする事柄
 ・ 増改築の有無
 ・ 大規模な模様替えの有無
 ・ 被災の有無
 ・ 建物の情報(名称・所在地・用途・竣工年・規模・構造・地質調査の有無)
 ※今回は屋根の改修が有り、若干の荷重増が認められました。

この中で大変なのは図面の整合性の確認で、
構造に影響の有る、RC造の壁に設けられた開口部について
一つ一つ柱や床からの距離、開口寸法を当たっていき
変更が無いか、新しい開口が増えていないかを確認していくので
今回も2時間近く掛かりました。
   調査例
2012072801
今回は大きな改修履歴が無かったのですが
改修されている建物では、開口位置や大きさが異なっている事が多いので
注意が必要となってきます。

次回は鉄筋探査~コンクリートコア採取について
書いていきたいと思います。

弊社HPを見て頂けた方、これを機会に耐震診断を行ってみては如何でしょうか。

弊社では、建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)及び鉄骨工事について、
また不動産事業(土地、賃貸物件、中古住宅(一戸建て、マンション))なども取り扱っております。

建築から不動産に関する事柄まで、気になりました点や聞いてみたい事、
その他、弊社HPを見て興味を示された方は
お気軽に(株)古屋製作所までお問合せ頂ければと思います。

れい



最後まで読んでいただきありがとうございました。




TEL: 0553-22-0186

山梨県甲府市 大型庇・門扉鉄骨工事
山梨県山梨市 貸店舗併用住宅リフォームVol.2
山梨の田舎暮らしだより
スポンサーサイト

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ

23:03  |  建築設計  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。