2014-01- / 12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.01.26 (Sun)

どんど焼きと、どんやっせで無病息災を

【山梨県 住宅 田舎暮らし】

こんにちは

1月は地域伝統行事が多く、正月を始め、七草粥や成人式などが有りますが、私の地元でも田舎の伝統行事が幾つか行なわれました。
20140126

1/7には『どんやっせ』と呼ばれる行事が有りました。地域によっては『きっかんじょ(木勧進)』と呼ばれたり、掛け声(歌)など内容も多少の違いはあるかと思いますが、山梨県甲州市塩山の私の住む地域では『どんやっせ』と呼ばれています。
日が落ちた頃から、子供達が灯の燈った小さな灯篭を持ち、「どんどんやっせ、どんやっせ、お祝い申せ、家内安全、商売繁盛」の掛け声と共に太鼓の音を響かせ、地域を訪ね歩き、道祖神の御札を渡し、各家からはお祝いのお金や物をいただきます。
子供達の掛け声や太鼓の盛大な音色は、訪れた家々に無病息災や幸福をもたらすと言われています。
子供の頃は夜間に出歩く事が少なかったので、最初は楽しみに練り歩いていましたが、時間が経つにつれ、足や手の先からしんしんと冷え、耳が痛くなり早く帰りたくなったものでした。でも最後にはお年玉的なご褒美を皆に配ってもらい、喜んで帰ったのを思い起こします。
2014012603

また1/14には『どんど焼き』が行なわれ、繭玉やそろばん玉の形に作ったお団子と、今年の正月を飾った御飾りや、その火が粉が高く上がると字が上手くなると言われる、習字紙なども持ち行ってきました。冬の寒空に負けない、赤く猛々しい炎に一年の健康を願いつつお団子を焼いて来ました。帰宅後は食べると虫歯にならないとか、風邪を引かないと言い伝えられているお団子を食べました。子供の頃はこの香ばしく焼け焦げたお団子が好きで、つい沢山食べてしまい、親から「風邪はひかないかも知れないが、食べ過ぎてお腹を壊すぞ」と良く言われた物でした。
2014012601

因みに『どんやっせ』に、私の地域の子供達が持って廻る灯篭は、三十年以上前に私が子供だった頃に、大工だった父が十個ほど作り地域に寄贈したもので、年が過ぎた今でも毎年紙を張替え、地域の子に使い継がれているのを見ると感慨深さと共に、日本文化の良さを改めて感じます。

子供達が減ってきて、伝統行事が縮小されたり、簡素化されたり行事そのものがなくなってしまう事がありますが、日本人として大切にされてきた、田舎ながらの風習を後世に伝えていく為に、私達がもっと積極的に理解し、地域行事に関わっていく必要性を感じました。

.ライン
弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。
お問合せ(株)古屋製作所まで

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。




TEL: 0553-22-0186


山梨県平屋住宅~ひと工夫~
山梨県平屋住宅~床壁天井下地工事~
あけましておめでとうございます
スポンサーサイト

テーマ : 山梨 - ジャンル : 地域情報

13:30  |  田舎暮らし  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。