FC2ブログ
2018-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2018.07.19 (Thu)

バスに乗りましょう♪

【山梨県 田舎暮らし 山梨市 路線バス】


こんにちは。
山梨県は暑さ本番・夏本番で、連日猛暑日となっております。事務所へ来る営業の方や、職人さんは口々に「毎日暑いじゃんねぇ」と口にしてやってきます。まもなく子供達は夏休みを迎え、日中暑くても元気に飛び回ります。暑さで注意力が散漫になると言いますが、安全運転に注意して行動致しましょう。

2018071701.jpg

さて、最近バスに乗った事がありますか?私は昔務めていた会社へバス通勤した頃もありましたが、それから25~6年経過し、最近は久しく乗っていません。今回はそんな『路線バス』との思い出について書いてみます。
2018071702.jpg
私の家はバスの営業所の隣にあります。その為幼い頃よりバスやそこで働く方々との関りがあって、私が記憶を辿れる最も古い記憶は、2~3歳頃昼寝から目が覚めると、そこに母はおらず誰も居ない。。寂しくなり泣きながら裸足で外へ出ると、その泣き声に気づいたバスの運転手さん達が私を見つけ「ぼう、どうした?」「お母ちゃんは?」とあやしてくれた時のものでした。
2018071703.jpg
また、当時営業所内には働く方が多かった為床屋もあり、私は順番待ちの運転手さん達に交じり散髪に通いました。時には雨の日に突然隣にバスが止まり「営業所へ戻るから乗っていくか?」と声を掛けてくれる事もありました。
2018071704.jpg

しかし近年路線バスの利用者が減少すると、バスや運転手さん達の数も減り、営業所から聞こえる人の声や機械の音が少なくなっていき、営業所の活気も無くなっていく様に感じました。近年テレビ等で『路線バスの旅』などの企画が放送され注目が集まる中、高齢者の免許返納などで再びバス利用の大切さが見直されています。車が無いと不便な山梨県『交通難民』にならない様にバス利用を行っていきましょう。
2018071705.jpg  2018071706.jpg  2018071707.jpg


ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

「MY水筒」いただきました
勝沼のワイナリーさん上屋新築工事
パソコンだって整理整頓

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

15:07  |  田舎暮らし  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>