fc2ブログ
2021-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2021.04.24 (Sat)

建築士定期講習を受けて来ました

【山梨県 建築士 講習】



木造住宅の話題は一度置きまして、今回は先日受講いたしました、建築士定期講習について書いてみます。

テキスト

こちら以前にも書いた事がありますが、建築士事務所に所属する建築士は、3年に一度の受講が定められているのです。
朝から夕方までの座学となり、終わる頃には、腰が痛くなります。
受講後には、修了考査と呼ばれる試験があり、合格しないと再受講が必要となり、合格するまで繰り返しとなります。
この修了考査は、テキストを見ても良いので、難易度はさほど高くは無いですが、とにかく問題数が多く、いちいちテキストを見ていては時間が足りなくなる事が多く、なるべくテキストに頼らない為、緊張感を持って受講してきました。

benkyoukai_kunrenkou.png

私が受講してきたのは、これまで3回受講してきました日建学院。甲府まで行くより近い事と、受講料が若干安い事などから受けたのが最初で、以来ずっとこちらで受講して参りました。
そんな中例年と違ったのは、初めて弊社社長と共に受講してきました。
社長の受講申し込みをする際に、「一緒に受講したら」との話から、初めて社長と共に受ける事となりました。
当日朝、会場の駐車場で社長と待ち合わせ会場へ。
今年はコロナ禍もあり、1月頃には終息してるかと、微かな期待を込めていましたが、結果はご存じの通り、当日はマスクをし、受付で検温と消毒をして部屋へ向かいました。部屋は40~50人程入れる部屋に10人程とゆったりと座れ、社長と私は前後の席となりました。

20210121_084303198.jpg

講習の内容は、改正された建築基準法やその他関連法規・建築士の倫理・建築業の動向などの講義がモニターで行われていく方式です。
休憩の度に身体を伸ばし、一息ついて次の講習へと挑んでいきました。
昼食は密を避けるためもあり、駐車場に停めた車の中でとり、僅かな時間ながらちょっと仮眠zzZZ
午後は食欲も満たされ、暫くすると再び睡魔が訪れましたが、眠気防止の「眠眠打破」と「フリスク」でなんとか乗り越え講習に集中いたしました。

67cbce042360004c33e5d704b3cee224.jpg

講習後は修了考査となり、テキストを見ないで一通り回答し、不明なところは×あやふやな所は△印を問題文に付け、不明なところからテキストを開きつつ再度進めていき、結構時間いっぱいまでかけて回答いたしました。
テスト後は社長と顔を見合わせ合い苦笑い。
出来れば満点取りたいので、結構必死になってしまいました。
結果は1ケ月程で送られてきて、社長も私も引掛け問題に掛かったのか2~3問落としましたが問題なく合格でした。

修了証

終わってみて思ったのが、コロナ禍の今会場に集まり定期講習を行うのはどうなのかと、山梨などはまだ良いかと思うが、東京などの大都市では会場選考も大変なのでは?と、モニターで受講するなら一つに集まる必要性があるのかと思っていましたら。。

setsumeikai_seminar.png

日建学院のHPに『建築士の定期講習の受講スタイルが新しく変わりました!』とありました。

日建学院

内容は、「今までは5時間ほどの講義を会場で受講したのち、修了考査を受けるスタイルでしたが、2021年2月より講義をオンラインで視聴し、修了考査のみ会場で受けるスタイルといたしました。この事により、会場での拘束時間を修了考査時間の約1時間と画期的に短くし、安心して受講できるようにしました」とあります。
定期講習もオンライン化かと喜びましたが、ただ修了考査だけは相変わらず会場で受講なのねと。。落ちがついていますが。
それでも、従来に比べ負担はかなり減るのでは無いでしょうか。

online_school_boy.png

3年毎の講習は大変ですが、それでも改正された法に関して、丁寧に解説して頂ける貴重な講習会なので、今後もしっかりと受講し役立てていきたいと思いました。

ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


その他、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

山梨市お蔵リフォーム工事
物品倉庫鉄骨工事
あけましておめでとうございます!(^^)!

テーマ : 住まい リフォーム - ジャンル : ライフ

17:20  |  建築設計  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |