FC2ブログ
2018-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2018.08.11 (Sat)

甲府市の木造住宅~震災を教訓に~

【山梨県 木造住宅 新築 甲府市】


こんにちは。
山梨県は8月も中旬に差し掛かりましたが、相変わらず暑い日が続いています。お盆休みで帰省や行楽に遠方へお出掛けの方もいらっしゃるかと思います。熱中症や事故などに気を付けてお出かけください。
2018081100.jpg

今回は5回目となりますが、甲府市の専用住宅新築工事について、建て方と共に行われます金物の設置工事の話題を、報告していきたいと思います。今後家づくりを検討している方が、現場を見学する際の参考になれば幸いです。

2018081101.jpg

現場は建て方作業と同時に、基礎と土台・土台と柱・柱と梁など部材同士を繋ぐ接合金物の設置に入ります。以前よりアンカーボルトや羽子板ボルトなど、一部の金物は用いられておりましたが、その設置方法に関して、細やかな規制が無く検査や確認が行われて来なかったのが現状です。
しかし、阪神淡路大震災の発生により、被害を受けた建物の多くが『柱のほぞ抜け』が原因であったと言われています。一般的な在来の軸組工法の住宅は、基礎⇒土台⇒柱⇒梁と言う形で接合されていきます。このうち土台⇒柱の接合について、土台に『ほぞ穴』と言う穴を開け、柱側に『ほぞ』と呼ばれる加工をし差し込まれます。

2018081102.jpg

差し込みと言っても、簡単に抜けるような物ではありません。私も大工をしておった父の手伝いで、昔建て方の手伝いに行ったことがあります。『ほぞ』と『ほぞ穴』を絶妙な寸法で加工しますので、一度差し込まれたら最後、外すのには大勢の人の手を借りやっと引き抜けるものでした。
しかし、今回の様な大きな震災では、加工した『ほぞ』の長さ以上に、建物は一瞬でが動いたと言い、金物(ホールダウン金物等)の設置がされていない住宅は土台から柱が抜け、倒壊に至ったようです。

ホールダウン金物
2018081103.jpg

法改正当初は「こんな沢山の金物使わなくても、俺の建てる建物は潰れんから」と言う職人も居ました。
しかしこの法改正は阪神淡路大震災の教訓を経た上で『壁の配置とバランス』『金物の設置』『基礎の仕様規定』などが具体化され、過去の大震災からの、大切なメッセージが生かされたものであります。
法改正の初期の頃でしたので、当時職人に必要性を極力丁寧に説明し「この品はダメ、こちら以上の金物を」「この仕口はこちらを」など打合せを重ね、現在では職人も図面を理解し、有効な金物を必要な個所に適切な手順で設置を行っています。
2018081104.jpg  
土台金物
2018081108
接合金物
2018081105.jpg

2018081106.jpg
筋違い金物
2018081107.jpg

こちら甲府の現場においても経験豊富な職人が、迅速的確に筋違いを設置し、接合金物を設置していきました。
この工程の後、甲府市は中間検査制度(床面積100㎡以上が対象)がある為、設計者・確認審査機関・瑕疵保険会社と3者のそれぞれの中間検査が行われ、何れも『手直し無し』の合格を頂きました。
これで『構造耐力上主要な部分』である基礎・壁・柱・小屋組・土台・斜材(筋かい、方づえ、火打材等)、床版、屋根版又は横架材(梁・桁等)の施工・検査が終了したことになります。

この後は外装や内装の工事へと移って参ります。

ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

勝沼のワイナリーさん上屋新築工事~完成~
「MY水筒」いただきました
勝沼のワイナリーさん上屋新築工事

テーマ : 家を建てる - ジャンル : ライフ

20:59  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://furuyaseisakujo2.blog.fc2.com/tb.php/228-20310545

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |