FC2ブログ
2018-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2018.08.28 (Tue)

甲府市の木造住宅~内装下地工事~

【山梨県 木造住宅 新築 甲府市】


こんにちは。
8月も終盤を迎え、子供達は夏休みも終わり学校が始まりました。今年は残暑が厳しく9月に入っても暫く高温に対する注意が必要となりそうです。今年は夏の始まりが早かっただけに、より秋の訪れが待ち遠しく感じます。
2018082807

今回6回目となります甲府市の専用住宅新築工事について、構造躯体がほぼ完成してきましたので、内外装作業へと移行していきます。今後家づくりを検討している方が、現場を見学する際の参考になれば幸いです。

20180828

住宅新築工事は内外装作業へと移り、外部は外壁の下地合板張り作業を経て、窯業系のサイディング張りへと進行しております。
内部は仕上げ材の下地である、石膏ボード張り作業へと入ります。この時に注意しておきたいのが、これまで露出されていた電気の配線や、設備の配管などが下地のボードを張る事で隠れてしまう事です。必要なコンセントやスイッチの位置や、照明器具の位置などこの下地ボード張りをする時までに決めておくと良いでしょう。その他据え付けの家具や、トイレなどに手摺を設ける時(将来設置を予定している)は下地の合板が必要な時があります。どこに下地板があるのか写真を撮っておくと将来役に立ちます。

2018082801

またこの石膏ボードは火災には強いのですが、衝撃には意外と弱い物です。私が幼い頃に自宅の改修工事が行われている中、ふざけてこのボードに飛び蹴りをし、大きな穴を開けてしまいました。まだ小学校低学年だった私は「もう穴は直らない、家を壊しちゃったどうしよう」と、父が戻るまでの半日泣き続けました。しかしそんな心配をよそに、帰宅した大工の父はあっという間に新しいボードに張替え、元通りに直しました。当然その後には父から大きな雷が落ちましたが、何より無事に直った事が嬉しかったことを思い出します。

2018082806

40年が経った今でも、仕事などで中古住宅の壁に穴が開いているのを見ると、この時の事を思い出します。今回の現場では職人が、奇麗にボードをカットし各壁に収めました、その後はボードの継ぎ目やビス穴をパテで埋める処理を行います。このときパテの埋め忘れや盛り上がりがあると、そのままクロスの仕上げに影響してきますので丁寧な処理が大切です。そして無事パテ処理も終わり、下地作業が終了致しました。いよいよ次は仕上げ作業!施主様と検討を重ねた仕上げ材を施工し、完成へと向かいます。

2018082803


ライン

ただ今、弊社では土地や中古住宅の買取りを行なっております。
「遠くに住んでおり管理が大変で処分に困っています」
「こんなに古くても大丈夫かな?」まずはお気軽にご相談ください。
それぞれ住んでいた皆様の「家」や「土地」に寄せる思いを私達にお伝えください。

弊社では、田舎暮らしに適した土地や中古住宅、事業用用地などの、不動産事業を行なっております。山梨県での田舎暮らしに興味を待たれた方は、お気軽にお問合せください。

お問合せ(株)古屋製作所まで


また、弊社では建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)鉄骨工事などを請け負っております。建築から不動産に関する事柄まで、また弊社HPを見て興味を示された方、お気軽にお問合せ願います。

れい

最後まで読んでいただきありがとうございました。


TEL: 0553-22-0186

勝沼のワイナリーさん上屋新築工事~完成~
「MY水筒」いただきました
勝沼のワイナリーさん上屋新築工事

テーマ : 家を建てる - ジャンル : ライフ

15:58  |  新築  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://furuyaseisakujo2.blog.fc2.com/tb.php/229-07f35d89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |