2017-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.12.03 (Sat)

特殊建築物の定期調査報告

【山梨県 定期調査報告 特殊建築物】

こんにちは

先日、特殊建築物の定期調査報告の依頼が有りました。

定期調査報告とは、不特定多数の人が利用する特殊建築物などは、
老朽化や設備の不備などがあると、大きな事故や災害につながる恐れがあります。
この制度は、適切な維持管理を行うことにより、そういった事故を未然に防ぐため、
定期的に専門の技術者に依頼し、建物や設備を定期的に調査・検査し報告をする制度です。
20111204-07
定期報告が必要な建築物等は、山梨県では年に依って対象となる建物を定めていまして
平成23年度の対象となっている特殊建築物は
・劇場、映画館、演芸場
・病院、診療所(患者を入院させるための施設があるものに限る)、老人ホーム、
 児童福祉施設等
・博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場、
 スポーツの練習場
・百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、バー、ナイトクラブ、ダンスホール、
 遊技場、公衆浴場、待合、飲食店、物品販売業を営む店舗
となっています。
詳しくは県のHPに記されています。 特殊建築物等の定期調査報告

用途の他、階数や規模に依って細かく定められています。
また建物以外に付属する建築設備や昇降機も対象となりますので
ご確認したい方は弊社若しくは県へ問合せください。

対象建物には県より通知が有り、提出期限が定められてはいますが
その時期は各施設共、行事などが重なり易く
多忙から提出期限を経過してしまう事が有り、期限を経過してからの依頼と言う事がよく有ります。

定期調査報告は、建物が常に安全な状態で維持管理されている事を
調査し報告する、建築基準法第12条第1項及び第3項で定められた義務ですので
当HPを見て、対象建物で有りながら、まだ定期調査報告を行なっていないと
気づかれました施設所有者(管理者)の方は早急に対応される事を願います。
20111204-02
建築全般(新築・耐震工事・リフォーム)及び鉄骨工事について
また、不動産事業(土地、賃貸物件、中古住宅(一戸建て、マンション))など
建築から不動産に関する事柄で、気になりました点や聞いてみたい事、
また、弊社HPを見て興味を示された方は
お気軽に(株)古屋製作所までお問合せ頂ければと思います。
れい


最後まで読んでいただきありがとうございました。



TEL: 0553-22-0186

山梨県笛吹市住宅 鉄骨加工 その3
山梨市青少年健全育成推進大会にて

テーマ : 住まい リフォーム - ジャンル : ライフ

21:54  |  建築設計  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://furuyaseisakujo2.blog.fc2.com/tb.php/93-8cf7c170

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。